チョコのちょこっと妻バカライフ in シドニー

韓国の結婚式

calendar

reload

韓国の結婚式

ちょこっと妻バカのチョコです。

先日、夫ユーイの友人の結婚式に参加してきました。
韓国の方同士の結婚式に参加するのは今回が2回目で
なんとなく韓国の結婚式がどういう流れなのかわかってきました。

スポンサーリンク

☆コリアン結婚式の特徴

①教会で式を挙げることが多い

 実は韓国の宗教は大半がクリスチャンです。
 これは、日本とお隣の国といえども大きな違いですね。
 なので、韓国には教会がたくさん建てられてあり、
 シドニーでも韓国の教会をよく見かけます。

 今回参加させていただいた結婚式もこのご夫婦が毎週通っている
 教会での挙式でした。
 日本の結婚式用チャペルとは違いますw
 日本にはクリスチャンはあまりいませんが、結婚式ではチャペルでの
 挙式が人気ですよね。
 そう思うと日本は改めて不思議な国だなぁ

 プログラムは日本の挙式と同じように
 誓いの言葉や指輪の交換、サインタイムがあり
 さらに、牧師さんが聖書を読んでメッセージを20分程お話します。
 これは韓国語だったので一切理解できずただただボーとしてましたw

 そして、皆で何曲かクリスチャンソングを歌ったり、
 新郎のお父さんが歌ったりしていました。

 日本の挙式は30分程で終えると思いますが、
 教会での挙式は牧師さんのメッセージが入ることもあり
 大体1時間ちょっとあります。

 そして新郎新婦が退場し…終わり!!

 え!?これで終わり???

 と最初は驚きましたが、韓国ではこれが普通だそうです。
 

②参加者が多い

 しかし、招待客は多いです。
 教会内をザっと見たかんじ、300人はいました。
 あ、招待客というか招待されてなくても来るそうですw

 ここも、また日本と違うポイントですよね。
 新郎新婦の親の友達や近所の人など
 結構フランクに誰でも参加するみたいです。

 最後にユーイの友人の新郎と少し話した時も
 想像してたよりも沢山の人が来て驚いたと話してました。

 ゲストが教会から出るときは、
 日本同様、新郎新婦がお見送りをしてくれます。
 こんな可愛い芳香剤を頂きました♡
 
 

③挙式の後はみんなでブッフェ式ランチ

 コリアン結婚式では教会での挙式後にブッフェ式ランチをすることが多い
 と聞いていたので、楽しみにしていました^^

 やはり、ありました。へへへ

 教会のお庭でランチ♪

 プルコギ、骨付きカルビ、キムチ、サーモンのお寿司・刺身
 と沢山コリアン料理が並んでいました!
 幸せ♡♡


 またまた食べ過ぎてしまいました。。
 ブッフェとなると食欲を抑制できなくなっちゃう。。

 ここに新郎新婦がゲストのテーブルを周りながら
 みんなに挨拶をしていきます。
 そして食べ終わった人から帰る。。と
 とてもフランク!!

☆ゲストの服装やご祝儀

ゲストの服装は日本ほどフォーマルではありません。
女性はドレスを着ている人もいましたが、
ほとんどはワンピースの人が多かったです。
私も普通のワンピースにジャケットを羽織っただけです。
ヘアセットも特にせず、髪の毛をおろして来ている人も
多かったです。

男性はスーツを着ている人もいれば
ジーンズで来ている人も

なんでもありのようですw
でも、これだと気軽に行けますね^^

そして気になるご祝儀は
1人$100~150程のようです。
日本円にすると1万円前後といったところでしょうか。
これも、日本のご祝儀3万円とは大きく違います。
オーストラリアの結婚式も、そのくらいが
相場だと思います。
日本のご祝儀額を伝えるとビックリされますw

まぁ、日本のご祝儀3万円も
食事代や引出物・引菓子を考えると
割にあっているんですけどね。
ここらへんも、いつか自分の結婚式について
記事を書くときに詳細をお伝えできたらと思います♪

ここまで大まかに韓国のオーソドックスな結婚式について書いてきましたが、もちろん人それぞれです。
教会ではなく結婚式場で、各ゲストの席が用意されていてフルコースの料理が振舞われる日本形式のようなコリアン結婚式もあります。
新郎新婦がどこに重きを置いて、どのような結婚式にしたいかで変わってくるんだと思います。

なんとなく韓国の結婚式の様子が伝わり、少しでも参考になれば光栄です^^


にほんブログ村

トップページに戻る